カードローンとフリーローンの違い

カードローンは、銀行や消費者金融、クレジットカード会社が取り扱っている個人向けのローンのことです。
フリーローンと同じで、明確な目的が無い時でもお金を借りることができます。サービスを受けるために、専用のカードを作る必要があるので、カードローンと呼ばれています。

借入をするためには、他のローンと同じで、返済能力や信用力などを測る審査を受けないといけません。
同時に、複数のローンを申し込んでいたり、他社からの、多額な借入を行っていたりすると、審査は通りにくくなる可能性が大きいです。

フリーローンとは、主に銀行が取り扱っている個人向けローンのことです。住宅ローンや自動車ローンと異なって、フリーという名前の通り、使用目的は自由となっています。
ただし、事業をはじめる事業資金や、投資資金などを行う目的で借りることは不可能です。
また、申し込みをする時に、使用目的の申告が必要となる場合があります。金融機関によっては、申し込み時、融資実行後に使い道を証明する書類が必要なことがあります。

ほかのローン同様で、フリーローンも融資してもらうためには、審査が必要なのです。明確な審査基準というのは、公表されていないのですが、返済能力や信用力というのは必ず見られますね。

カードローンとフリーローンは、どちらも借入金の使用目的が自由という点は似ているシステムなのですが、明確な違いがあります。

一つ目は、お金を借りることのできる回数です。カードローンは、決められた限度額中であれば、何回でもお金を借りることができるのですが、フリーローンの場合だと、申請した金額を一度借り入れすることができるだけです。追加でお金を借りようと思ってもできないので、再度銀行などの審査を受ける必要があるのです。

二つ目は、金利です。カードローンとフリーローンの金利を比較してみると、フリーローンの方が、金利が低く設定されていてることが多いですね。フリーローンの方が、返済をする時に金利負担は少なくて済みますね。

三つ目の違いは、二回目以降にすぐにお金を借りられるかどうかという事。カードローンは一度審査に通ると契約した限度額内であれば、ATMを利用していつでも、何回でもお金を借りることができるようになっています。フリーローンの場合は、先にも書きましたが、基本的には一度しか借り入れができないので、追加で融資を受けたい場合には、改めて審査が必要です。手間や時間が掛かります。

四つ目の違いは、管理のしやすさという点ですね。カードローンは、何度も追加でお金を借りることができるので、人によっては借入残高や返済金額が把握できなくなる場合があるのです。その点フリーローンは、一度お金を借りた後は、基本的には返済し続けるだけ、金利が低いなどの理由で管理がしやすくなっています。

ちなみに私の様な専業主婦で自分に収入がなくても借りれるカードローンはコチラです。

専業主婦カードローン

続きを読む